« 信用収縮が終息に向かっている? | トップページ | 原油の持ち高を反転し買いスタンス »

2008.04.18

原油在庫は第2四半期に増加

 エルムジャヒド (政府系 アルジェリア紙17日) 

 ヘリル議長(OPEC)の発言

 OPECに対する消費国からの増産要求を退け、原油が市場に十分供給されているとの認識を示した。

 アルジェリアのエネルギー・鉱業相でもあるヘリル議長は、需要の後退から

     原油在庫が4-6月(第2四半期)

に増加する見通しだと述べた。

 原油相場が1バレル=115ドルを超えて上昇していることについては、供給不足というよりも、米国の金融危機が原因との見方を示した。

  また、同議長は同紙に対し、投資家が株式市場での損失を穴埋めするため原油などの商品を買い入れていると語った。 

 米ドルが原油取引の基軸通貨となっており、米ドルが下落すれば手持ち資金が減少するため原油価格を高値に維持する動きが出てくる。また、WTIなど原油取引市場自体のパイが小さく、市場で決められ流通する原油自体が少なく資金流入で値が飛びやすい事にも注意したい。

   

« 信用収縮が終息に向かっている? | トップページ | 原油の持ち高を反転し買いスタンス »

要人発言」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/40908246

この記事へのトラックバック一覧です: 原油在庫は第2四半期に増加:

« 信用収縮が終息に向かっている? | トップページ | 原油の持ち高を反転し買いスタンス »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ