« ロシアは軍事的その他の措置をとるとの構え | トップページ | 患者減に「長期休校」有効 »

2008.04.13

米ドル下落は主にカナダ・ドルの負担か

 

ユンケル首相兼財務相(ルクセンブルク)は 11日、ワシントンで記者団に対し、外為市場の動向について

     われわれは最近の動きを好んでいない

と述べた。
 なお、同首相はユーロ圏財務相会合の議長を務めている。

 また、フレアティ財務相(カナダ)は米ドルの下落に関して

     主にカナダ・ドルの負担

となっている。
 また、ユーロと円にも負担だとの見解を示した。

 週明けの為替市場の動きは、複雑になるかもしれない。G7での声明を好意的に受け止めるのか、それとも認識の一致が出来ていないか或いは弱い絆としての失望感から米ドルをされに売り込む可能性も捨てきれない。

« ロシアは軍事的その他の措置をとるとの構え | トップページ | 患者減に「長期休校」有効 »

要人発言」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/40863940

この記事へのトラックバック一覧です: 米ドル下落は主にカナダ・ドルの負担か:

« ロシアは軍事的その他の措置をとるとの構え | トップページ | 患者減に「長期休校」有効 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ