« 患者減に「長期休校」有効 | トップページ | 大きく振れる材料 »

2008.04.13

あらゆる事態を想定して対応

 額賀福志郎財務相の発言(11日)
   (7カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)出席)

  場  所  ワシントン
  要  件  財務省(米国)でポールソン財務長官と会談

(発言概要)

 サブプライム住宅ローン問題に端を発した金融不安については米国、欧州、日本それぞれ状況が違うことから、安定化に向けて情報を共有し

     あらゆる事態を想定して対応を行う

ことで基本的な認識の一致を見たと語った。

 また、財務相は米国がすでに進めている

     戻し減税を柱とした景気対策

や米大手証券ベアー・スターンズへの個別支援などの金融・財政政策を評価した上で、ポールソン財務長官に、あらゆる状況に応じて

  あらゆる政策の選択を排除することなく対応すること

が望ましいと要請した。
 これに対し、米国側から直接言及はなかったという。
   


 米国の政策に踏み込んだ発言に対しては当然ながら日本を一段低く見ている米国政府側からすれば米国議会からの反発が想定されるため直接言及する事は有り得ないため聞き流すスタンスとなっている感じだ。

  
     

« 患者減に「長期休校」有効 | トップページ | 大きく振れる材料 »

要人発言」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/40863973

この記事へのトラックバック一覧です: あらゆる事態を想定して対応:

« 患者減に「長期休校」有効 | トップページ | 大きく振れる材料 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ