« 原油先物相場は小幅続伸 | トップページ | 穀物投機 »

2008.04.29

米ドルと原油相場

 アルジェリア政府系エルムジャヒド紙(28日付)

 ヘリル議長(OPEC アルジェリア・エネルギー・鉱業相)の発言

 原油相場について、米ドル安が原油高を主導していることから、たとえ供給が潤沢でも

      1バレル=200ドル

に到達するシナリオを排除しないとの見方を示した。

 さらに、米ドルが1%下げるたびに、原油は1バレル当たり4ドル上昇する。もちろん、逆もまた然りだとの議長の発言を報じた。

 この発言からすると、あと80ドル上がるとすれば2割米ドルの価値がなくなるということになる。1ドル104円とすれば83.20円ということになるが。逆に115円まで下落するためにはバレル70ドルふきんまで下落することが必要ということのようだ。

« 原油先物相場は小幅続伸 | トップページ | 穀物投機 »

要人発言」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/41027972

この記事へのトラックバック一覧です: 米ドルと原油相場:

« 原油先物相場は小幅続伸 | トップページ | 穀物投機 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ