« 投機が及ぼす影響 | トップページ | 2008年の中国のインフレ率 »

2008.05.27

NY原油先物相場は26日の時間外取引で続伸

 ニューヨーク原油先物相場は26日の時間外取引で続伸した。

 先週の最高値更新後

     ナイジェリアでの武装勢力による石油施設襲撃
     メキシコでの原油生産の落ち込み
     OPEC議長の増産否定発言

などが材料視されている。

 ナイジェリアの武装勢力ニジェール・デルタ解放運動(MEND)は、英・オランダ系のロイヤル・ダッチ・シェルの石油施設を襲撃したと表明した。
 メキシコ石油公社(ぺメックス)は23日、同国の4月の原油生産量がここ12年余りで最大の減少となったことを明らかにした。
 ヘリル議長(アルジェリア・エネルギー・鉱業相)は原油市場 への供給は十分との考えを示し、OPECによる増産の可能性を否定した。
    

« 投機が及ぼす影響 | トップページ | 2008年の中国のインフレ率 »

One MileStone」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/41335781

この記事へのトラックバック一覧です: NY原油先物相場は26日の時間外取引で続伸:

« 投機が及ぼす影響 | トップページ | 2008年の中国のインフレ率 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ