« インフレ懸念台頭 | トップページ | ウォール街の金融機関の苦境はまだ終わらず »

2008.05.14

米ドルは2番天井か

 米国市場で予想を上回る経済指標が発表されたことを受け、米国の利下げ打ち止め観測が強まるなか、東京外国為替市場では、ドル・円相場が1週間ぶりに1ドル=105円台を回復した。

 世界的に長期金利が上昇に向いつつあるようで、株価指数が反転傾向に変化している。

 為替も金融市場は正常化に向っているというシナリオでいまのところは動いている。

 5月2日につけた直近高値の105円70銭を超えていくのは難しく、JMUT21時30分に発表される米国消費者物価指数(CPI)で二番天井をつけて落ちていく可能性が高い感じだ。

    

« インフレ懸念台頭 | トップページ | ウォール街の金融機関の苦境はまだ終わらず »

コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/41207753

この記事へのトラックバック一覧です: 米ドルは2番天井か:

« インフレ懸念台頭 | トップページ | ウォール街の金融機関の苦境はまだ終わらず »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ