« 外国人投資家の視点 | トップページ | 戦争突入の危険性(グルジア) »

2008.05.09

経済安定の脅威

 ジョン・リプスキー筆頭副専務理事(IMF)の講演(8日)

    場  所  ニューヨーク

(発言概要)

 インフレが長年にわたる沈静期を経て

     経済安定の脅威

として再出現しているとの見解を示した。

 今回のインフレ高進は経済の安定にとって重大な問題に発展する恐れがあり、金融当局は消費者物価をあおるような政策には慎重になるべきで、真剣に取り組むべきだと語った。

 1970年代のような高い物価上昇率とインフレ期待が復活する

      可能性は排除できない

との認識も明らかにした。

 エネルギーなど商品価格の高騰がインフレの主因であるが、低い政策金利ドル安も影響している。

 米国については、景気回復に伴い、米連邦公開市場委員会(FOMC)にとって消費者物価の動向が

      重要性を増す

と述べた。

 また、低金利は商品価格に統計上、重大な影響を及ぼしており、為替相場の動きも商品価格に影響しているようだと話した。

     

« 外国人投資家の視点 | トップページ | 戦争突入の危険性(グルジア) »

要人発言」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/41141046

この記事へのトラックバック一覧です: 経済安定の脅威:

« 外国人投資家の視点 | トップページ | 戦争突入の危険性(グルジア) »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ