« ユーロは明らかに過大評価 | トップページ | 信用格付けはジャンク級 »

2008.05.04

コストに合わず撤退が増加

 上海・中国南部の米国商工会議所の合同調査の結果が明らかになった。

 中国で経営を行う米国企業の3分の2以上が、労働力及びその他原材料コストの上昇が、中国を投資目標たらしめてきた競争力を損なっていると考えている。  

 会員が今後数年間において懸念するリスク要因の第2位であり、第1位の米国国内経済の衰退に次ぐものであったという。

 コストの高騰により、一部の米国製造業者は、中国からの撤退を迫られている。
 中国における労働コストの上昇のほか、原材料、販売、税負担、不動産等のコスト上昇により、特に中国を低コストの基地と見なしてきた製造業者は、状況認識において方向転換の考えを抱いているという。

 これまで進出した企業の技術や製造管理手法などの移転が終了しており、中国側にとっては用なしとなったような政策的な動きが見られる。 やはり加工工場としての取り扱いで進出しただけで市場の確保・拡大を含めて進出した起業との間で歪が拡大しているようだ。
 当然ながら日本の繊維関係と含めた加工工場への淘汰が起きてくる可能性は高い。
 
 中国通貨元の上昇に伴いインフレ輸出が起きる可能性は否定できず、都落ちの行き着く先は一夜の夢に終わるかもしれない。

     

« ユーロは明らかに過大評価 | トップページ | 信用格付けはジャンク級 »

One MileStone」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/41088373

この記事へのトラックバック一覧です: コストに合わず撤退が増加:

« ユーロは明らかに過大評価 | トップページ | 信用格付けはジャンク級 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ