« 不安定で危険なインフレリスク | トップページ | 米ドルは2番天井か »

2008.05.14

インフレ懸念台頭

 四川省(中国)で12日に発生した大地震と穀倉地帯を襲ったミャンマーのサイクロンの影響から世界の食糧価格の引き上げ材料になる可能性が高まっている。

 被災地域への食料供給を材料に、小麦やコメといった世界の食糧価格を引き上げる材料となるほか、中国の石油大手ペトロチャイナが今回の地震被害の点検のため、主要パイプラインを停止させていることから石油や天然ガスの供給停止が長引くと、英国のストによるパイプラインの早急停止により価格が上がった時と同じようにエネルギー価格を押し上げる材料になる可能性が高い。

 地震のあった四川省、重慶市は、天然ガス供給で中国全土の29%、水力発電供給で同18%、化学肥料生産で同13%を占めている。

  

« 不安定で危険なインフレリスク | トップページ | 米ドルは2番天井か »

One MileStone」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/41202115

この記事へのトラックバック一覧です: インフレ懸念台頭:

« 不安定で危険なインフレリスク | トップページ | 米ドルは2番天井か »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ