« メキシコの治安悪化 | トップページ | 信用危機の事態はまだ進展中 »

2008.05.16

経済成長とインフレ率に関する新たな見通し

フランクフルター・アルゲマイネ(FAZ ドイツ紙)
ウェーバー総裁(独連銀)の発言(15日)
  欧州中央銀行(ECB)の政策委員会メンバー 

 足元の物価上昇圧力の強さを考慮すると、利上げの選択肢を視野の外に置けないことを私は常に強調してきており、先送りは断念ということではない。
 インフレ抑制に向けてなお利上げすべき状況かもしれないとの見解を示した。

 また、利下げの余地はないとの認識を示した。

 ECBは6月の会合で、職員がまとめた

    経済成長とインフレ率に関する新たな見通し

を明らかにする方針であり、金融政策にとって中期的な選択肢を検討する上で良い土台になると説明した。

 欧州の経済成長については緩やかに軟化するだけだとの認識を示し、ドイツの今年の経済成長率が少なくとも1.9%になるとの見通しを示した。

     

« メキシコの治安悪化 | トップページ | 信用危機の事態はまだ進展中 »

One MileStone」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/41222291

この記事へのトラックバック一覧です: 経済成長とインフレ率に関する新たな見通し:

« メキシコの治安悪化 | トップページ | 信用危機の事態はまだ進展中 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ