« 外国為替売買高が1750兆ドル | トップページ | 原油相場高騰に対する緊急会合 »

2008.05.01

米国債相場はほぼ変わらず

 米国債相場はほぼ変わらずの動き。

 米連邦公開市場委員会(FOMC)が政策金利を0.25ポイント引き下げ、2%に設定した。

 住宅不況がリセッションにつながるのを回避するため、FOMCは昨年の9月から利下げを7回実施しており、声明ではこれまでの利下げが経済成長を促進するとの見方を示したため、国債相場は揉み合いとなった。

 これまでの利下げ幅は合計で3.25ポイントとなった。

 ただ、FOMCはまた、景気が

     引き続き弱い

とも指摘した。

 利下げ局面が終わりに近いとの思惑から米国債相場は月間ベースで昨年6月以来の下落となった。

     

« 外国為替売買高が1750兆ドル | トップページ | 原油相場高騰に対する緊急会合 »

One MileStone」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/41051641

この記事へのトラックバック一覧です: 米国債相場はほぼ変わらず:

« 外国為替売買高が1750兆ドル | トップページ | 原油相場高騰に対する緊急会合 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ