« 嵐はこれからが本番 | トップページ | 住宅差し押さえ対策法案を拒否〈米国〉 »

2008.05.08

円高の歪

 外為市場は、政局混迷に伴う円売り観測が、対米ドルでの円高の歪を是正するきっかけになるとの見方が出ている。

 ガソリン税などの国会運営のまずさから、7月の主要国首脳会議(洞爺湖サミット)をはさみ、政局が緊迫化する展開が予想される。

 政権の弱体化や政策決定・執行力に大きな疑問符が付けば、日本からの資本流出が始まるとの懸念が、マーケットの一部で浮上している。

 ただ、景気後退から一部で出ている金利引下げを行った場合に引き金を引くかもしれない。
 米国がヘッジファンドの手元流動性が潤沢で手付かずの資金を吸収する動きを取らない限りインフレ傾向が強まりスタッグフレーションを引き起こすリスクが高まっている。 

« 嵐はこれからが本番 | トップページ | 住宅差し押さえ対策法案を拒否〈米国〉 »

One MileStone」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/41125340

この記事へのトラックバック一覧です: 円高の歪:

« 嵐はこれからが本番 | トップページ | 住宅差し押さえ対策法案を拒否〈米国〉 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ