« サブプライムとオルトAを売却(UBS) | トップページ | 住宅ローン担保証券は底値に近づいている »

2008.05.22

代替燃料車は非効率?

 米国郵政公社は、エタノールを燃料として利用できるトラックやミニバンを1999年から2005年にかけて3万台以上購入し、米国における代替燃料対応車の最大の購入企業となった。

 その結果、ガソリン消費は150万ガロン以上急増した。

 フォードのスポーツ型多目的車(SUV)

   エクスプローラー

から派生したトラックは、これ以前に利用されていた米クライスラーの「ジープ」より大型のエンジンを搭載している。

 同郵政公社の調査によると、新規に採用されたトラックの1ガロン当たりの走行距離は最大29%短かった。
 エタノールを購入できる場所が少なかったため、エタノールが利用されたトラックはわずか1000台だった。

 1ガロン当たりの走行距離は縮小し、コストは増加しているようで、バイオエネルギーは地球温暖化の役には立たないようだ。(同じ重量のものを運搬するのにエネルギーが余分の消費する必要があるため)
 古紙100%再生も同じもので、100%より50%程度の利用の方が生産における熱エネルギーが少ないようで100%に固執する事自体が問題を大きくし解決にはなっていない。
 割り箸利用の間伐材もマイ箸や竹箸などの利用等が増加したことなどで間伐出来ずに森林が荒れるため自然保護にはなっていないというも見方も一方である。
 そもそも平野が出来る時の水位と貝塚の位置関係を見れば明らかで海水面の上下移動は数十メートル単位ということも説明していない。

« サブプライムとオルトAを売却(UBS) | トップページ | 住宅ローン担保証券は底値に近づいている »

One MileStone」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/41277688

この記事へのトラックバック一覧です: 代替燃料車は非効率?:

« サブプライムとオルトAを売却(UBS) | トップページ | 住宅ローン担保証券は底値に近づいている »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ