« 住宅相場が今年、最大で9%下落 | トップページ | ベアーSの元ヘッジファンド運用責任者をFBIが逮捕 »

2008.06.20

人民元相場の決定

 中国の外国為替取引で、人民元が米ドルに対し7営業日続伸し、2005年のペッグ(連動)制廃止後の最高値を更新した。

 米中戦略経済対話でポールソン財務長官が中国に対し

     人民元相場の決定

における市場の役割を拡大させるよう求めたことに反応した。

 ただ、人民元の柔軟性の拡大が中国のインフレを抑制する上で重要な手段だと指摘したものの、強くなった人民元による鉱物資源を買う動きが大きくなることは必定でありインフレを加速させるリスクが高まる。パンドラの箱を開ける可能性があり、米国や日本など資源輸入国にとっては大きな脅威となる。
 米国は海底油田の掘削禁止法案の廃止を議会に求めており、日本だけが大きな波を受けるかもしれない。

« 住宅相場が今年、最大で9%下落 | トップページ | ベアーSの元ヘッジファンド運用責任者をFBIが逮捕 »

要人発言」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/41586304

この記事へのトラックバック一覧です: 人民元相場の決定:

« 住宅相場が今年、最大で9%下落 | トップページ | ベアーSの元ヘッジファンド運用責任者をFBIが逮捕 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ