« 外為コントロール | トップページ | 7月4日までに1バレル=150ドル?? »

2008.06.06

インフレヘッジとしての魅力

 ヘリル議長(OPEC アルジェリア・エネルギー・鉱業相)の発言(5日)

 米ドルがユーロに対し上昇すれば、原油相場は下落し、インフレヘッジとしての魅力が限定されるとの見方を示した。

 対円ではドル高となったものの対ユーロでは安くなっており、原油1バレル当たり5ドル価格が上昇した。これに伴い、トルシェECB総裁が7月利上げの可能性を排除しない旨の発言があった。

« 外為コントロール | トップページ | 7月4日までに1バレル=150ドル?? »

要人発言」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/41440107

この記事へのトラックバック一覧です: インフレヘッジとしての魅力:

« 外為コントロール | トップページ | 7月4日までに1バレル=150ドル?? »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ