« 格下げでも・・・ | トップページ | 信用不安は緩和せず »

2008.06.30

ゼロサム

 ポールソン財務長官は30日、強いドルは米国とって

    良いこと

だとあらためて表明した。

 モスクワのラジオ局

     モスクワのこだま

とのインタビューでの発言で、強い米ドルは良いことであり米国の国益だと考えていると述べた。
 米国は現在、厳しい時期にあるが、当局は住宅指し押さえへの歯止めや景気への信頼回復を図っており、長期的なファンダメンタルズは堅固だと語った。

 強い米ドルは他国にとっては利益は反するということは当たり前の子でであり、軸足を変えて見れば明らかだ。価値のない米ドルを価値のあるものとして商品を渡す商売は将来的には損を背負うことになる。
 本来、貨幣価値の基本が何かを考えれば判ること。ただ、時間的な差が歪を大きくするか小さくするかの違いだけかも。
  
    

« 格下げでも・・・ | トップページ | 信用不安は緩和せず »

要人発言」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/41696894

この記事へのトラックバック一覧です: ゼロサム:

« 格下げでも・・・ | トップページ | 信用不安は緩和せず »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ