« 日量50万バレル程度の追加増産 | トップページ | 米中戦略経済対話 »

2008.06.16

景気下降が長期化する恐れ(米国)

 ポールソン財務長官(米国)の発言(14日)

  大阪での主要国首脳会議(洞爺湖サミット)財務相会合後の記者会見

(発言概要)

 最近の石油価格上昇で米国の

     景気下降が長期化する恐れ

があるとの認識を明らかにした。

 米国経済が住宅部門の低迷と信用収縮に直面していると指摘し、同時に、依然としてわれわれは年末までに米国の景気拡大ペースが加速すると予想しているとも述べた。

 また、世界の景気減速が保護貿易主義をあおることを各国の政策当局者が防止するよう促した。

 G8各国は安全保障上の懸念を緩和するために、国際的な投資を透明にする必要性で合意した。

 同長官は政府系ファンド(SWF)に対しては、投資が政治的理由でなく、経済的理由で実行されることを確実にするよう自主的なルールを採用するよう促した。

    

« 日量50万バレル程度の追加増産 | トップページ | 米中戦略経済対話 »

要人発言」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/41548489

この記事へのトラックバック一覧です: 景気下降が長期化する恐れ(米国):

« 日量50万バレル程度の追加増産 | トップページ | 米中戦略経済対話 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ