« 富の移転 | トップページ | 300億ドル(約3兆1900億ドル円)の資産引き受け »

2008.06.28

金融システムの信用度が崩壊するリスク

 ドラギ総裁(イタリア銀行)の発言(27日)
    欧州中央銀行(ECB)政策委員会メンバー

    場  所  ローマ

(発言概要)

 金融システムへの資金注入がここ10日間において、住宅市況の値下がりや株式相場が下落したため、特に米国で一段と

     脆弱状況になった

との認識を示したうえで、金融機関が実体経済の弱体化を逃れることはできないと述べた。
 このため、依然として危機的な状況で、この状態がどれぐらい続くのか予想するのは困難であり、金融市場の混乱が終わる時期も予想できないと語った。

 週明け後の株式市場と為替市場は荒い動きになる見込み。信用喪失の割合が高ければキャリー解消の流れが強まることから円高の動きが優勢となること予想されるものの実体経済の崩壊が加速する可能性があることから上値は限定的になるかもしれない。

    

« 富の移転 | トップページ | 300億ドル(約3兆1900億ドル円)の資産引き受け »

要人発言」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/41674288

この記事へのトラックバック一覧です: 金融システムの信用度が崩壊するリスク:

« 富の移転 | トップページ | 300億ドル(約3兆1900億ドル円)の資産引き受け »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ