« 米国の5月の個人消費支出(PCE)は強いが・・・ | トップページ | ゼロサム »

2008.06.30

格下げでも・・・

 投資銀行の米メリルリンチとスイスのUBSはサブプライム住宅ローン関連損失を受け

     計 473億ドル(約5兆300億円)

の増資を実施したものの、両社が競合他社の資本増強の支援役となっている。

 ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド・グループ(RBS 英銀)による

     123億ポンド(約2兆6100億円)

の株主割当発行で、メリルとUBSはゴールドマン・サックス・グループとともに引受会社となった。

 欧州最大規模の同株主割当増資ではRBSの株価が年初来で31%下落したことから、引き受け担当の投資銀行が新株を購入せざるを得ない水準まであと20ペンスとなった。

 リスクを負ったことによる資本増強策でも投資意欲は弱まらず、転びかけてもタダでは起きないということか。
    

« 米国の5月の個人消費支出(PCE)は強いが・・・ | トップページ | ゼロサム »

One MileStone」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/41696152

この記事へのトラックバック一覧です: 格下げでも・・・:

« 米国の5月の個人消費支出(PCE)は強いが・・・ | トップページ | ゼロサム »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ