« 香港の市場で鳥インフルウイルスを検出 | トップページ | 疑獄事件に発展するか(仏) »

2008.06.08

サマータイム制度

 日本睡眠学会の発表(5日)

 省エネに対応するという名目から超党派の議員連盟が2010年の導入を目指す

      サマータイム制度

について、体のリズムを乱して睡眠に影響を与え、健康を損なうとして日本睡眠学会が反対の声明を発表した。

 サマータイムは、夏季に時計を1時間進める制度で欧米各国で実施されているが、ロシアでは心筋梗塞の増加を防止するため廃止する動きも出ている。

 同学会の特別委員会(委員長=本間研一・北海道大教授)は、これら先行実施の国での調査や研究文献をもとに、夏時間への移行後、最長で2週間程度、睡眠時間が短くなり、眠りの質が下がると分析した。
 さらに、体内時計を昼夜の変化に合わせる機能が低下しているため、不眠や朝に起きられないなど睡眠障害に悩む人たちの症状が悪化すると主張した。

 もともと緯度の高い地域では昼時間の差が夏と冬とで大きいことから体内時計の対応も出来るかもしれないが、日本人と欧米人の体格や体質的な違いも考慮しないと目先の利益を追うことにより健康リスクが拡大し大きな問題となることが考えられる。

 

« 香港の市場で鳥インフルウイルスを検出 | トップページ | 疑獄事件に発展するか(仏) »

One MileStone」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/41462140

この記事へのトラックバック一覧です: サマータイム制度:

« 香港の市場で鳥インフルウイルスを検出 | トップページ | 疑獄事件に発展するか(仏) »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ