« 100億ドル(約1兆614億円)の追加評価損を計上 | トップページ | 為替問題が話し合われる可能性 »

2008.06.10

天然ガス版OPECの設立準備

 ショクリ・ガネム会長の発言(9日)   
    リビア国営石油会社ナショナル・オイル

 天然ガス版OPEC(石油輸出国機構)の設立準備を進めている世界の主要な天然ガス生産国が価格や供給を操作することはなく、EU(欧州連合)が表明した懸念緩和に努めると語った。

 情報と専門知識を交換するためのもので、カルテルのための提携ではないと言明した。  

 ロシアやカタール、アルジェリア、リビア、エジプトは11月にモスクワで会合を開き、組織の設立方法について協議することも明らかになった。

 ただ、OPECと同様の機能を果たすことは明らかであり、価格コントロールは意図しないというもののロシアの生産量の情報により、結果として価格が決められてしまう。ここでもロシアの経済的な力は増加することになり、米ドルの下落要因のひとつになりそうだ。

   

« 100億ドル(約1兆614億円)の追加評価損を計上 | トップページ | 為替問題が話し合われる可能性 »

One MileStone」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/41488249

この記事へのトラックバック一覧です: 天然ガス版OPECの設立準備:

« 100億ドル(約1兆614億円)の追加評価損を計上 | トップページ | 為替問題が話し合われる可能性 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ