« サハリン2で天然ガス採掘量を増やすことを検討 | トップページ | 投資先の判断ミスで大きく損害を発生させた »

2008.06.17

借金を論じるより資産はどうなの?

 福田康夫首相は17日午後、主要国の通信社代表と会見し、消費税率の引き上げについて

      5%でやってきたこと

で財政赤字を背負っているとも言える。決断しなければならない大事な時期だと述べ、消費税引き上げは避けられないとの認識を示した。

 ただ、国の借金についての発表があるが、国の資産の規模についてはマスコミも取り上げない。借金だけが増加するというのも国の財政を考えればおかしなものだ。為替介入再発行した債券は、借金であるが、米ドルに変わっている・・・これも借金であるが、資産でもあるということを何故か誰も報道しない。
 株式会社の貸借対照表を考えれば、国の資産の額も消費税引き上げ論議より先に明らかにすべきだろう。

« サハリン2で天然ガス採掘量を増やすことを検討 | トップページ | 投資先の判断ミスで大きく損害を発生させた »

コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/41563827

この記事へのトラックバック一覧です: 借金を論じるより資産はどうなの?:

« サハリン2で天然ガス採掘量を増やすことを検討 | トップページ | 投資先の判断ミスで大きく損害を発生させた »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ