« 借金を論じるより資産はどうなの? | トップページ | 鋼材の供給能力が追いつかない »

2008.06.17

投資先の判断ミスで大きく損害を発生させた

 ドイツの政府経済諮問委員会(5賢人委員会)のリポート(17日)

 ドイツの州立銀行について、2015年までに売却すべきだとの見解を示した。

 投資先として購入したサブプライム住宅ローン関連の損失発生で、ドイツの金融業界において州立銀が

     大きな弱点

だということが示されたことから、5賢人委員会はリポートで州立銀行は信用危機の影響を過度に受けているだけでなく、多くの場合は低収益で、ビジネスモデルの持続性も低いと指摘したもの。

 

ドイツの金融機関ではこれまで信用収縮に関連した評価損を488億ドル(約5兆3000億円)計上し、このうちWestLBやバイエルン州立銀行など州立銀の評価損は201億 ドルで、全体の43%を占めると見られる。
   

« 借金を論じるより資産はどうなの? | トップページ | 鋼材の供給能力が追いつかない »

One MileStone」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/41563081

この記事へのトラックバック一覧です: 投資先の判断ミスで大きく損害を発生させた:

« 借金を論じるより資産はどうなの? | トップページ | 鋼材の供給能力が追いつかない »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ