« 四川大地震の中国経済に与える影響 | トップページ | 東京株式市場は売り »

2008.06.03

リンクを外す必要

ミドル・イースト・エコノミック・ダイジェスト誌(MEED 30日付)

 ハマド・ビン・ハリファ・サーニ首長の経済アドバイザーであるIbrahim al-Ibrahi氏は、MEED誌とのインタビューで

 カタールは経済が拡大しているときに、相場が下落している通貨との連動を維持するのは理にかなうことではない

     リンクを外す必要

があるとして同国通貨の対ドル・ペッグ制を撤廃する必要があるとの考えを示した。
 通貨を米ドルにペッグさせているアラブ湾岸諸国の中央銀行は、インフレの高進と力強い経済成長にもかかわらず、相対的な通貨価値を維持するため、金利を米国に追随させざるを得なくなっている。
 
 こうした経済の動きを牽制するためか、ポールソン財務長官が中東産油国を訪問して会見を行っているようだ。

 
 
 

« 四川大地震の中国経済に与える影響 | トップページ | 東京株式市場は売り »

One MileStone」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/41411501

この記事へのトラックバック一覧です: リンクを外す必要:

« 四川大地震の中国経済に与える影響 | トップページ | 東京株式市場は売り »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ