« デリバティブの値付けミスで約100億円の損失 | トップページ | スタグフレーション懸念の高まり »

2008.07.06

検査したFX業者73社の半数以上(39社)に問題

 証券取引等監視委員会の発表(2日)

 昨年8月以降の為替相場の動揺を受けて続けてきた外国為替証拠金取引(FX)業者の重点検査結果の概要を発表した。

 証券監視委は6月末までに国内FX業者のほぼ6割に当たる73社の立ち入り検査に着手したところ、検査した業者の半数以上の39社に問題があるという。
 このうち、金融庁へ行政処分を求める勧告が7社、勧告に至らないものの、問題のあった業者は32社に達した。  

 証券監視委では

    相当数の業者で、程度の差はあれ法令違反などが認められた

としており、業界としての未熟さ、制度上の不十分さが浮き彫りになったといえる。  
 このため、監視委では引き続き検査を進めるとともに、投資家に対しても

      高レバレッジの特性

を理解し、各社の商品性や業者に対する情報収集に努めてほしいなどとして、業者選びを慎重に判断するよう呼びかけている。

 今回の重点検査では、顧客からの預託金と会社の財産の区分管理体制や、自己資本の算出、リスク管理体制などの面で、多くの業者で問題が見つかっており、FX業界の構造的な問題とみられ、業者の経営状態の悪化により増加する傾向もあり、アンテナは高くして信頼をなくす動きをすれば資金を退避させるのは当然のこと必要なこと。

   

« デリバティブの値付けミスで約100億円の損失 | トップページ | スタグフレーション懸念の高まり »

One MileStone」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/41748611

この記事へのトラックバック一覧です: 検査したFX業者73社の半数以上(39社)に問題:

« デリバティブの値付けミスで約100億円の損失 | トップページ | スタグフレーション懸念の高まり »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ