« 原油輸出量を事前連絡なく削減 | トップページ | サウジアラムコの長期的かつ持続可能な産油量 »

2008.07.15

米国銀行が経営破綻に陥る可能性

 インディマック・バンコープ(米 大手住宅ローン会社)が11日に業務停止し、米連邦預金保険公社(FDIC)の管理下に置かれた。

 さらなる米国銀行が経営破綻に陥る可能性が高いという。  

 ジェラルド・キャシディ氏(RBCキャピタル・マーケッツのアナリスト)は、今後3年間で300行以上が破たんに陥る可能性があると述べた。

 同氏は2月、破たんの可能性がある行数を150未満としておりサブプライム住宅ローンに集中していた信用損失が、このほかの住宅ローンや、かつて安全と見なされていた債務に拡大するなか、銀行への圧力は増大していることから破綻数が倍増したかたちだ。

« 原油輸出量を事前連絡なく削減 | トップページ | サウジアラムコの長期的かつ持続可能な産油量 »

One MileStone」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/41840136

この記事へのトラックバック一覧です: 米国銀行が経営破綻に陥る可能性:

« 原油輸出量を事前連絡なく削減 | トップページ | サウジアラムコの長期的かつ持続可能な産油量 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ