« ミサイル1発で円売り | トップページ | ALT-A専門金融会社が破綻 »

2008.07.11

原油相場高騰の主因

 バドリ事務局長(OPEC)の発言(10日)

   場  所  ウィーン

(発言概要)

 原油在庫は平均を上回っており、供給においてはいかなる不足も見られないと指摘し、米ドル安と投機、製油所問題を記録的水準にある原油相場高騰の主因として挙げた。

 また、原油価格がバレル当たり200ドルまで上昇する

      理由はない

との認識を示した。

 ただ、9月9日に開催されるOPEC総会における結果を予想することは控えた。

 世界の原油需要の40%強を供給するOPECは昨年末以来、公式な生産目標水準を据え置いている。

« ミサイル1発で円売り | トップページ | ALT-A専門金融会社が破綻 »

要人発言」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/41800960

この記事へのトラックバック一覧です: 原油相場高騰の主因:

« ミサイル1発で円売り | トップページ | ALT-A専門金融会社が破綻 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ