« 貸し出し延長を好感し米ドルが上昇 | トップページ | 欧州株式相場は大幅高 »

2008.07.09

リリミック

 世界の大手金融機関に評価損と信用損失4000億ドル(約43兆円)をもたらした一因となった債務担保証券(CDO)が

    リリミック (不動産投資コンデュイットの再証券化
     (resecuritizations of real estate investment conduits)

という別の名前で買い手を見いだしているという。

 ただ、サブプライムの信用不安からCDOまで信用収縮の影響が広がっており、オルトAといえども住宅市況の悪化が拡大し抵当物件の増加により債券の劣化が起きれば同様の信用崩壊が拡大するきっかけにもなりかねない状況に変化はない。
 住宅市況悪化が止まった場合には価値があるかもしれないが、再証券化された金融商品は場合によっては借金の押し付けともなりかねず誰が買うのか注視したい。

« 貸し出し延長を好感し米ドルが上昇 | トップページ | 欧州株式相場は大幅高 »

One MileStone」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/41782885

この記事へのトラックバック一覧です: リリミック:

« 貸し出し延長を好感し米ドルが上昇 | トップページ | 欧州株式相場は大幅高 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ