« 171軒につき1軒が差し押さえの手続き(米国) | トップページ | 韓国の短期対外債務と外貨準備高 »

2008.07.26

トルコリラが不安定化

 イスタンブール株式市場では、トルコ与党の公正発展党(AKP)解党の是非をめぐる憲法裁判所判決を前に主要株価指数.XU100が一時4.4%下落した。  

 市場は今週、AKPが解党に追い込まれない可能性を織り込んでいたが、政情悪化の懸念が高まりリスクを抱えたくない投資家が出てきている。

 判決日が近づくにつれ、ボラティリティーやマイナスのセンチメントが高まる可能性が高い。  
 トルコ憲法裁判所は、AKP解党を求める訴訟の審理を28日に開始するものの混乱が拡大することが懸念される。

 スワップポイントが16.75付近だが...

« 171軒につき1軒が差し押さえの手続き(米国) | トップページ | 韓国の短期対外債務と外貨準備高 »

One MileStone」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/41971984

この記事へのトラックバック一覧です: トルコリラが不安定化:

« 171軒につき1軒が差し押さえの手続き(米国) | トップページ | 韓国の短期対外債務と外貨準備高 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ