« カナダの7月CPI(消費者物価指数)は予想と一致 | トップページ | ペッグ(連動)制を変更する計画はない »

2008.08.22

2007年8月以来の最大の下げ

 コンファレンス・ボードの発表(21日) 
    米民間調査機関 

 7月の米景気先行指標総合指数(LEI)は

      前月比▲0.7%

であった。
 この低下率は金融パニックが発生した2007年8月以来の最大となった。

 なお、6月は変わらずと、速報値の0.1%低下から修正された。

 過去6カ月のLEIは年率1.8%低下した。

 コンファレンス・ボードによると、およそ4-4.5%低下するとリセッション(景気後退)が迫っている兆候を示す。
 今年の1月は4.7%低下し、このカテゴリーに当てはまった。

« カナダの7月CPI(消費者物価指数)は予想と一致 | トップページ | ペッグ(連動)制を変更する計画はない »

気になる指標」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/42236438

この記事へのトラックバック一覧です: 2007年8月以来の最大の下げ:

« カナダの7月CPI(消費者物価指数)は予想と一致 | トップページ | ペッグ(連動)制を変更する計画はない »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ