« グルジア軍とロシアの平和維持部隊が衝突? | トップページ | グルジア国軍とロシア軍の戦闘 »

2008.08.09

多額の資金を支払う必要に迫られる可能性

 スイス最大の銀行UBSは、米連邦や州が同行の入札方式証券(ARS)販売で不正があったと主張している問題を解決するため、シティグループやメリルリンチよりも

     多額の資金を支払う必要に迫られる可能性

があると見られる。

 UBSは連邦・州に訴えられている問題を近く解決するため個人・法人顧客に

   ARS買い取りを約束する可能性

があり、その額は当局側では

     250億ドル(約2兆7400億円)


と見積もられている。

 メリルは7日、約100億ドルのARSを個人投資家から買い戻す方針を表明しており、同社の顧客が保有している金額に相当するとの見解を示した。

 また、シティは同日、個人投資家から73億ドルのARSを買い戻し、1億ドルの罰金を支払うことで州・連邦当局と和解しているものの、法人顧客向けに、これとは別に120億ドル分のARSの現金化を支援することも取り決めている。

    

« グルジア軍とロシアの平和維持部隊が衝突? | トップページ | グルジア国軍とロシア軍の戦闘 »

One MileStone」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/42111492

この記事へのトラックバック一覧です: 多額の資金を支払う必要に迫られる可能性:

« グルジア軍とロシアの平和維持部隊が衝突? | トップページ | グルジア国軍とロシア軍の戦闘 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ