« 四川省でM6.1の地震発生 | トップページ | 経済成長率ゼロ付近でもたつく »

2008.08.02

年内の利下げ観測 (カナダドル)

 カナダ国債相場は7月31日発表された5月のカナダ国内総生産(GDP)が予想外にマイナス成長となったことからインフレ懸念が後退したため、週間ベースで今年2月以来で最大の上昇となった。

 カナダ銀行による年内の利下げ観測が強まったことからカナダドルは売り優勢の流れが強まり2週連続での下落となった。

 カナダ2年物国債と10年物国債の利回りは9週間ぶりの低水準を付けた。

 GDP統計の発表前は、利下げの可能性は50%との認識が主流であったが、今では年内の利下げを完全に織り込んだ相場展開となっている。

« 四川省でM6.1の地震発生 | トップページ | 経済成長率ゼロ付近でもたつく »

One MileStone」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/42037218

この記事へのトラックバック一覧です: 年内の利下げ観測 (カナダドル):

« 四川省でM6.1の地震発生 | トップページ | 経済成長率ゼロ付近でもたつく »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ