« 金融政策決定会合の結果次第 | トップページ | 一時1バレル=118ドルまで下落 »

2008.08.05

原油価格急落

 NYMEXのWTI原油先物市場では大幅反落し一時120ドルの大台を割り込んだ。

 WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)で期近の9月物は

     1バレル121.41ドル(前週末比▲3.69ドル)

で取引を終えた。

 7月の石油輸出国機構(OPEC)の石油供給量が増加したとの報道や、朝方発表された6月の個人消費支出(PCE)がインフレ圧力拡大による消費の減速を示したこと、熱帯性低気圧による石油関連施設の被害への警戒感が後退したことなど、投機筋などを中心に換金売りが膨らんだ。

« 金融政策決定会合の結果次第 | トップページ | 一時1バレル=118ドルまで下落 »

One MileStone」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/42067911

この記事へのトラックバック一覧です: 原油価格急落:

« 金融政策決定会合の結果次第 | トップページ | 一時1バレル=118ドルまで下落 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ