« 政策金利の引き上げは可能 | トップページ | 73億ドル(約8030億円)の増資が必要 »

2008.08.20

住宅公社に関して発言を拒否

 ポールソン財務長官の発言(19日)

   フォーリン・アフェアーズ誌主催の電話会議

(発言概要)
 中国は正しい方向に向かっている。中国の政策は不十分だとの声が多いが、人民元の上昇ペースが加速していることは認識されている。進展していないとの声はまったく聞かれない。
 中国が通貨人民元の一段の上昇を容認する必要があると指摘し、そうすれば中国国内のインフレ圧力を緩和させ、貿易制裁を回避するために米国議会の不満を弱めることができるとの見方を示した。

 ファニーメイ(連邦住宅抵当金庫)とフレディマック(連邦住宅貸付抵当公社)に関する質問に対してはコメントを拒否した。
 外国の投資家と中央銀行は金融市場安定化に向けた米国の政策を支持しているとだけ述べた。

    

« 政策金利の引き上げは可能 | トップページ | 73億ドル(約8030億円)の増資が必要 »

要人発言」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/42218834

この記事へのトラックバック一覧です: 住宅公社に関して発言を拒否:

« 政策金利の引き上げは可能 | トップページ | 73億ドル(約8030億円)の増資が必要 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ