« MBA指数は改善 | トップページ | 英国、住宅ローン市場の緊急支援策を発表か? »

2008.08.27

新たな冷戦

 東京株式市場は、日経平均が小幅続落した。

 一方、前日に大きく上昇した国債先物は反落しており、全般に明確な方向感の見えない展開となっている。
 重苦しい雰囲気がマーケット覆っているようで、新たな冷戦とも思わせる米国など西側諸国とロシアの対立先鋭化が強く出てくるかも知れず、株・円債・外為ともに出来高の伴わない低調な相場展開が見られた。

 

 為替情報はこちらが参考になります。sign01 にほんブログ村 為替ブログへ

 

 米ロの対立がさらに深まれば、世界経済への打撃を材料にグローバルに株価が圧迫されるとの指摘が出ているが、円を買う動きが直接出るかは疑問もあるが、経済的な取り込みと市場確保を狙う動きが出てくるとすればエネルギー資源とのバーターでアジア諸国への接近を図ってくることも予想される。

 対立軸が強まれば米ドル債券等を処分する動きが出かねず、新興アジア諸国にとっては経済的な崩壊を招くリスクも高まることから為替は大きく振れる可能性がありそうだ。

 

« MBA指数は改善 | トップページ | 英国、住宅ローン市場の緊急支援策を発表か? »

コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/42292329

この記事へのトラックバック一覧です: 新たな冷戦:

« MBA指数は改善 | トップページ | 英国、住宅ローン市場の緊急支援策を発表か? »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ