« クレジット市場の問題が継続 | トップページ | 致命的な影響? »

2008.08.16

8月の米消費者信頼感指数(速報値)

ロイター/ミシガン大学の調査

 8月の米消費者信頼感指数(速報値)は

     61.7 (前月 61.2)

に小幅上昇した。
 7月から下落基調にあるガソリン価格の下落が寄与したようだ。

 また、インフレ期待も改善した。  

 ロイターがまとめたエコノミスト予想中央値は62.0だった。
 1年先のインフレ期待は前月の5.1%から4.8%に低下しており景気後退の流れが解消されていないようだ。
 この数値は2006年9月以来の大幅な低下率となっている。

« クレジット市場の問題が継続 | トップページ | 致命的な影響? »

気になる指標」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/42181259

この記事へのトラックバック一覧です: 8月の米消費者信頼感指数(速報値):

« クレジット市場の問題が継続 | トップページ | 致命的な影響? »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ