« 緊急記者会見 住宅金融2社を公的管理下に置いた | トップページ | クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)市場の決算手続きの検討 »

2008.09.09

資金管理専門官が1人で何をやるのか?

 財務省はサブプライム住宅ローン問題に端を発した国際金融市場の不安定な動きが続くなか

     外貨準備の資金運用体制

を強化するため、市場分析を行う民間の

     資金管理専門官

1人を公募すると発表した。

 職務内容は、外貨管理に資するための海外の金融市場・経済動向の分析というもので外貨資金管理をはじめ、外国債券市場や短期金融市場の専門知識や実務経験を持つ人材を求めているようだ。
 ただし、同省関係者も、ファンドマネジャー的な業務よりも、的確な資金管理に資する海外の金融市場や経済動向の分析についての豊富な経験を期待していると強調しており、日本版政府系ファンド(SWF)の運用と判断される恐れがあることからか、直接、資金の運用管理には直接携わせないという。

 任期は2年間(最長5年)という。   

 日本の外貨準備は

     9967億4100万ドル

に上り、中国に次いで世界第2位の規模となっているが、このうち8622億8700万ドルが米国債を中心とした各国の国債をはじめ、米住宅金融大手のファニーメイ(連邦住宅抵当金庫)やフレディマック(連邦住宅貸付抵当公社)などの政府機関債で運用しており、今後の行方が気になるところだ。

 

« 緊急記者会見 住宅金融2社を公的管理下に置いた | トップページ | クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)市場の決算手続きの検討 »

One MileStone」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/42419303

この記事へのトラックバック一覧です: 資金管理専門官が1人で何をやるのか?:

« 緊急記者会見 住宅金融2社を公的管理下に置いた | トップページ | クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)市場の決算手続きの検討 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ