« 7月の景気動向指数の一致指数CI | トップページ | 栄枯盛衰 »

2008.09.10

成長鈍化のなかでもインフレ抑制を最重要視する考え(ECB)

 トリシェ総裁(ECB)の証言(10日)

   要  件  ブリュッセルの欧州議会

 成長鈍化のなかでもインフレ抑制を最重要視する考えをあらためて表明

 ECBは中長期的なインフレ期待を

     物価安定と呼べる水準

に維持することを強く決意している。

 これまでの原油価格上昇の影響で、物価と賃金が相互に影響し合って上昇する悪循環が発生することを懸念している。

 エネルギーと食品の価格上昇が二次的影響の広範な波及につながることへの強い懸念があると述べた。
 また、景気については、成長の勢いが弱い時期の後に

      緩やかな景気回復

が見られると予想していると語った。

ユーロ/円にほんブログ村 為替ブログへ
 
 底値買いから移動平均線部分での揉み合い。ボリン上下線は水平方向に動いている。
 トップラインは下向きのままで突破できない。

 

 為替情報はこちらが参考になります。sign01 にほんブログ村 為替ブログへ

 ボトム151円のサポートが割れるか否かに注目したい。割り込むと底値が見えなくなり、反発ポジションを決めることが難しい。
 ただ、ユーロ安の状態であり物価上昇圧力は時間経過とともに強まることも考えられる。

« 7月の景気動向指数の一致指数CI | トップページ | 栄枯盛衰 »

要人発言」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/42436648

この記事へのトラックバック一覧です: 成長鈍化のなかでもインフレ抑制を最重要視する考え(ECB):

« 7月の景気動向指数の一致指数CI | トップページ | 栄枯盛衰 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ