« 通貨戦争 | トップページ | ロシアの外貨準備で円資産が2倍に増加 »

2008.09.07

金融システム信頼性の崩壊が始まっている?

ボルカー元FRB議長の発言(5日)

  場  所 カルガリー

(発言概要)

 欧州やアジア、米国での景気減速が続けば、米国のサブプライム住宅ローン市場の崩壊から生じる損失は

     5000億ドル(約54兆円)

を今後1、2年で超えることとなり、世界的な信用関連損失はもっと多く増えるだろうとの見方を示した。

 自分が経験した中では最も複雑な金融危機であり、このような危機は数少ないと付け加えた。   
 また、世界の金融システムは「失敗した」とし、「変革していかなければならない」と述べた。

 世界のシステムというよりは米国金融のシステムがの信頼性の崩壊であり、世界界の常識として扱われていたシステムの誤差が拡大し用をなさなくなってきていることを認めたようなものであり、信用の崩壊をいかにして遅行させるかの問題に直面しているようだ。
 傾斜配分的に米ドル資産を多く保有していることによるリスクが時間経過とともに大きくなっていくことを暗示しているようだ。
 大きな下げの前の最後の輝きが米ドルに起きているのかもしれない。

   

« 通貨戦争 | トップページ | ロシアの外貨準備で円資産が2倍に増加 »

要人発言」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/42402279

この記事へのトラックバック一覧です: 金融システム信頼性の崩壊が始まっている?:

« 通貨戦争 | トップページ | ロシアの外貨準備で円資産が2倍に増加 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ