« 北東アジアの不安定化の要因 | トップページ | 7月の景気動向指数の一致指数CI »

2008.09.10

リーマン 正念場

 CNBC(経済専門局 米)

 事情に詳しい複数の関係者の話として

   リーマン・ブラザーズ・ホールディングス(証券大手 米)

が9日中にも6―8月(第3四半期)決算発表を前倒しする可能性があると報じた。

 米国経済の後退から大きく株価が下落しており、景気の先行き不安から同社の株価が一時43%安と、急落していることが背景のようだ。   

 なお、リーマンは8日

    重要な戦略イニシアチブ

と併せて、18日に決算を発表することを明らかにしていた。

 CNBCのオンエアエディター、チャーリー・ギャスパリーノ氏は

    わたしの理解では、株価が異常な動きをしているため

リーマンはそれほど長く待たないだろうと述べた。

 韓国の金融機関が資金の提供を行うようであるが、貸し倒れのリスクが高くなっているような感じであり、景気底固めの動きがまったく見えなくなっている。

   

« 北東アジアの不安定化の要因 | トップページ | 7月の景気動向指数の一致指数CI »

One MileStone」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/42431829

この記事へのトラックバック一覧です: リーマン 正念場:

« 北東アジアの不安定化の要因 | トップページ | 7月の景気動向指数の一致指数CI »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ