« リーマンの買収企業がいなくなった? | トップページ | リーマンがついに破産!! »

2008.09.15

リーマンを救済する道が狭くなった

 国際スワップデリバティブ協会(ISDA)の声明  

 複数の金融機関はリーマンに関わる債券や株式、金利、外国為替、商品のデリバティブ取引の

    ネッティング(値洗い)

を開始した。  

 ネッティングの目的については、リーマンが破産法の適用を申請した場合に伴うリスクを軽減するためと説明した。  

 NY時間14日の午後2時から4時にかけて、店頭デリバティブ取引のネッティングが行われることを確認、同日深夜の午後11時59分、あるいはそれ以前に破産法の適用が申請されることがネッティングの前提とされている。  
 なお、適用申請が行われない場合は、この取引は無効となると付け加えた。

 為替市場では大きく米ドルが売られる流れが出てきており、更に強まるかもしれない。

« リーマンの買収企業がいなくなった? | トップページ | リーマンがついに破産!! »

コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/42479887

この記事へのトラックバック一覧です: リーマンを救済する道が狭くなった:

« リーマンの買収企業がいなくなった? | トップページ | リーマンがついに破産!! »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ