« 固定資産税を一時的に免除 | トップページ | 世界経済の「重心」は新興市場に移転 »

2008.09.03

大き過ぎてつぶせない金融機関

 ニューヨーク・タイムズが2日、住宅金融大手のファニーメイ(連邦住宅抵当金庫)とフレディマック(連邦住宅貸付抵当公社)の社内では両社の合併論が浮上していると複数の関係者の話として伝えた。 

 両社の合併の効果としては、破綻させるには大き過ぎる規模になる上、人件費などの経費が12億ドル(約1305億円)削減できる。
 また、借り手が債務不履行に陥った住宅の維持や売却にかかる経費を3億ドル追加節約できるという。

 両社は住宅ローンの遅滞等により過去4四半期に合わせて 149億ドルの赤字を計上している。

 合併以外に「現実的な解決策」はほとんどないとしながらも、実現するとすれば大きな掛けとなる。ただ、両社設立のための法案を可決した議会の承認が必要とも伝えている。

 ホーニング総裁が個々の

    金融機関の破綻

を認め、規模による破綻の例外を排除する必要がある趣旨の発言を前日講演で行っており、破綻させた上で合併させる手法をとることも考えられる。

« 固定資産税を一時的に免除 | トップページ | 世界経済の「重心」は新興市場に移転 »

要人発言」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/42364938

この記事へのトラックバック一覧です: 大き過ぎてつぶせない金融機関:

« 固定資産税を一時的に免除 | トップページ | 世界経済の「重心」は新興市場に移転 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ