« 経済成長は著しく落ち込む可能性 | トップページ | アリコ等の親会社AIG株価が6割ダウン »

2008.09.16

戦後2番目規模の大型倒産 

 東京商工リサーチ(民間信用調査機関 16 日)

 リーマン・ブラザーズ・ホールディングスの日本法人のリーマン・ブラザーズ証券(東京都港区)とリーマン・ブラザーズ・ホールディングス(同)の2社が同日、東京地裁に民事再生手続開始を申請したと発表した。

 2社の負債総額は

     約3兆円

で2000年10月の協栄生命保険(会社更生法)に次ぐ、戦後2番目規模の大型倒産としている。

 親会社のリーマン・ブラザーズはサブプライム住宅ローン関連の損失で財務内容が悪化。先週までに資産売却などの再建策を発表したものの、バンク・オブ・アメリカ等への身売り交渉協議が決裂し、連邦破産法11条に基づく会社更生手続きの適用を申請した。

 リーマン・ブラザーズ証券の負債総額は2008年3月期決算では

      6兆4032億円

だったが、その後の信用不安により借入金が減少し、2社合計で8月末時点で約3兆円まで減少していた。

« 経済成長は著しく落ち込む可能性 | トップページ | アリコ等の親会社AIG株価が6割ダウン »

One MileStone」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/42496285

この記事へのトラックバック一覧です: 戦後2番目規模の大型倒産 :

« 経済成長は著しく落ち込む可能性 | トップページ | アリコ等の親会社AIG株価が6割ダウン »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ