« モラルハザード | トップページ | 400 億ドルの資産回収 »

2008.09.24

危機から重要な教訓

 ウェーバー総裁(独連銀)の発言(23日)
   欧州中央銀行(ECB)政策委員会メンバー

 世界の主要中央銀行による金融危機に向けた協調行動のほか、ユーロ圏の景気とインフレについて

 現時点では効果的な危機管理が必要とされており、中央銀行と政府の水準では金融危機に向けた協調した行動を実践している。

 最近の危機から重要な教訓を得たことから

     実際の危機管理でこれらの措置

を実施していく考えだ。

 経済が減速局面にあることをECBは認識しており、意見の相違は見られない。規制で過剰反応すべきではないが、様子見の姿勢を取って何もしないのは避けるべきだ。 

 ユーロ圏のインフレについては引き続き危惧しており、インフレ問題に対する近道はなく、ECBは双方の問題に注視していくつもりだ。

   

« モラルハザード | トップページ | 400 億ドルの資産回収 »

要人発言」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/42575915

この記事へのトラックバック一覧です: 危機から重要な教訓:

« モラルハザード | トップページ | 400 億ドルの資産回収 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ