« メキシコでマグニチュード(M)6.4の地震 | トップページ | CDSが逆スパイラルリスクに直面 »

2008.09.24

金融エスタブリッシュメントの責任を追及

 サルコジ大統領(フランス)の演説(23日)

 フランスは現在、欧州連合(EU)の議長国となっており、サルコジ大統領は、金融危機を引き起こした

    狂ったシステム

に対処するため

    11月に主要8カ国首脳会議

を開催し米国の金融危機について話し合うことを提案した。

 また、首脳会議のほか、中国やインド、南アフリカ共和国、メキシコ、ブラジルなどを含めた14カ国によるフォーラムも開くべきだとしている。

 また、記者団に対し、首脳会議について、金融市場を規制する

    原則と新しい規則

を打ち出すとともに、人々の預金を危険にさらした者たちに懲罰を与えるものであるべきだと指摘した。


 為替情報はこちらが参考になります。sign01 にほんブログ村 為替ブログへ

 

 さらに、金融危機は、市場経済メカニズムからの逸脱に根本的な原因があると指摘し、特にヘッジファンドと価値を生み出すことに一切関心を払わずに、どんな犠牲を払ってでも金を貸す用意のある

    金融エスタブリッシュメント

に責任があると指摘した。

 国連総会では、アフリカ諸国やアジア、中南米諸国の代表から金融危機を生み出した米国の失政を非難する意見が相次いだ。

 原油決済や貿易決済の基軸通貨である米ドルが終焉の瀬戸際に差し掛かっており、ユーロが台頭するきっかけになりそうだ。 

   

« メキシコでマグニチュード(M)6.4の地震 | トップページ | CDSが逆スパイラルリスクに直面 »

要人発言」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/42580566

この記事へのトラックバック一覧です: 金融エスタブリッシュメントの責任を追及:

« メキシコでマグニチュード(M)6.4の地震 | トップページ | CDSが逆スパイラルリスクに直面 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ