« 合意内容を発表する見通し | トップページ | 豪で国民議会の繰り上げ選挙 »

2008.09.28

2ドルでリーマンの欧州・中東部門を買収

 野村ホールディングスによるリーマン・ブラザーズ(証券大手 米)の欧州・中東部門の買収額が

    わずか2ドル(約210円)

だったことが26日明らかになった。  

 野村の今回の格安買収では、値下がりリスクのある同部門の資産を継承せず、主に従業員の雇用を引き継ぐことでリーマン側と合意しており、今後の人件費が野村の実質的な金銭面の負担となるようだ。

 同部門の買収をめぐっては、バークレイズ(金融大手 英)なども参戦したが、リーマンが重視する雇用の引き受けの規模でバークレイズを上回った野村が競り勝った。

 野村は、同部門の株式と投資銀行の分野に限定し、従業員約2500人の大半を継承する方針であり、株式や債券などの自己売買による資産などは対象外としている。  

 なお、野村はリーマンのアジア・太平洋部門の買収でも200億円超を投じて従業員約3000人を引き継ぐことで合意しており、欧州部門と合わせて約5500人の大半を受け入れる。

« 合意内容を発表する見通し | トップページ | 豪で国民議会の繰り上げ選挙 »

One MileStone」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/42618097

この記事へのトラックバック一覧です: 2ドルでリーマンの欧州・中東部門を買収:

« 合意内容を発表する見通し | トップページ | 豪で国民議会の繰り上げ選挙 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ