« 国内企業の設備投資額 | トップページ | 相当量の外貨を4日に売却(ロシア) »

2008.09.06

定期的なリスク管理制度の見直し

 ECBのシュタルク理事の発言

      フランクルフトで開催の会合

 ECBによる市中銀行への貸し出し規則の厳格化を決定したことについて、投資家は

    過剰反応

するべきではないと呼び掛けた。

 これはとりわけ引き締めではなく、健全なリスク管理方法に一致させたものに過ぎないと説明した。
 さらに貸し出し規則の変更は

    定期的なリスク管理制度の見直し

の一環であり2年ごとに行っていると説明した。

 ビニ・スマギ理事の発言

   同会合にて

 過剰反応があったようだと指摘した。

 ゴンサレスパラモ理事の講演

   サンセバスティアン(スペイン北部)

 市中銀行が中央銀行からの融資に依存しているのは合理的ではない。貸し出し規則の変更は

     技術的に改善したもの

であり、基本は何も変わっていないと指摘した。   

« 国内企業の設備投資額 | トップページ | 相当量の外貨を4日に売却(ロシア) »

要人発言」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/42392363

この記事へのトラックバック一覧です: 定期的なリスク管理制度の見直し:

« 国内企業の設備投資額 | トップページ | 相当量の外貨を4日に売却(ロシア) »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ