« 蜂論議 | トップページ | 銀行救済案を実施する計画がないという方針(フランス) »

2008.09.22

投機筋が市場から姿を消した

 米国政府は大恐慌以来最悪の信用市場における

     差し押さえ危機

を終息させるための計画を発表した。
 (ただし、議会通過してから本格化する計画である)

 商品相場は少なくとも1956年以降で最大の下落率を示しており、投機筋が市場から姿を消しており最悪期を脱した可能性があるようだ

 為替情報はこちらが参考になります。sign01 にほんブログ村 為替ブログへ


 ポールソン財務長官は19日、サブプライム問題の波及により問題を抱える不動産担保証券を金融機関から切り離すため数千億ドル規模の

    債権買い取りを行う方針

を示した。

 ここ数日で政府の支援策は大詰めを迎えることから、その後は、商品相場が堅調に上昇することを意味する感じだ。

 

« 蜂論議 | トップページ | 銀行救済案を実施する計画がないという方針(フランス) »

コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/42558333

この記事へのトラックバック一覧です: 投機筋が市場から姿を消した:

« 蜂論議 | トップページ | 銀行救済案を実施する計画がないという方針(フランス) »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ