« NYダウ急伸 | トップページ | 米ドルはボックスの底値が緩んだ »

2008.10.14

米国の金融機関救済の肩代わり?

 ポール・ボルカー元米連邦準備制度理事会(FRB)議長の講演(14日)

    場  所  シンガポール

 米国経済のリセッションはほぼ不可避なもののであり

      公的資金注入

により米国の金融機関救済はその深刻度を軽減するとの見方を示した。

 ただ、救済策は好ましくはなく、資本主義に反するが、金融システムの安定回復のためには必要だとの見解を示した。  

 また、救済策の効果で、リセッションの度合いは軽くなり

       それほど長くは続かないだろう

と期待を示した。
 一方、世界の金融システムは

       集中治療室

に入ったとし、正常な状態に戻るには相当な時間がかかるとの見通しを示した。

 為替情報はこちらが参考になります。sign01 にほんブログ村 為替ブログへ

     

   

« NYダウ急伸 | トップページ | 米ドルはボックスの底値が緩んだ »

One MileStone」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/42788412

この記事へのトラックバック一覧です: 米国の金融機関救済の肩代わり?:

« NYダウ急伸 | トップページ | 米ドルはボックスの底値が緩んだ »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ