« タイとカンボジア両国軍が交戦 | トップページ | NYダウ700ドル超の急落 »

2008.10.15

資本投入を行っても景気回復のシナリオが描けない状態

 ポールソン財務長官は、米国銀行大手9行に

    総額1250億ドル(約12兆7000億円)

の政府出資を受け入れることを同意させた。

 金融市場のボリュームを増やすために行った資金の提供であるが、景気後退期においてリスクを負うような融資を積極的に行わせる様な手法を金融機関に対し、日本のような手法により、信用保証協会がケツ持ちを行うことで

    強制的に行わせることが

は出来ないことから、資本投入を行っても景気回復のシナリオが描けない状態に変化が起きそうにもないということは当然のことにも思えてくる。

  

 クリックをお願いします。 にほんブログ村 為替ブログへ


 米国の財政赤字はこのままでは拡大するのみで破綻が近づいていくことにもなり米ドルの暴落に付き合わされるリスクが出てきそうだ。

    

« タイとカンボジア両国軍が交戦 | トップページ | NYダウ700ドル超の急落 »

One MileStone」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/42799301

この記事へのトラックバック一覧です: 資本投入を行っても景気回復のシナリオが描けない状態:

« タイとカンボジア両国軍が交戦 | トップページ | NYダウ700ドル超の急落 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ